ウーフって?

スクリーンショット(2013-04-05 0.50.08)

スクリーンショット(2013-04-05 0.50.08)

ウーフ=WWOOF
ウーフは農家やその類(一般家庭もあれば学校、宿、コミュニティなどいろいろ)のところで半日程度のお手伝いをする代わりに食事と寝るところを提供してもらうという、“交換”で成り立つ仕組みです。

1971年にイギリスのある女性のひらめきで始まったウーフは今や世界100を超えるの国や地域に広まり、その広がりは尚も続いています。

ウーフですること
それはまさにお手伝いです。
基本的には農作業、ではあるのですがその内容に制限は特にありません。
草取りの仕事を与えられることもあれば作物を収穫することもあるし、種植えがあるかもしれません。
食事の支度、掃除、子供の相手、日本語の勉強の手伝い、そのホスト、その時によって多岐に渡ります。

韓国のウーフ 〜基本編〜
ウーフコリアには2013年4月現在55のホストがあります。
北は国境すぐ近くから南はジェジュ島まであります。
韓国人と外国人の比率は2:8くらいで日本人も含めた外国人が多いです。
近頃韓国人の参加率がどんどん上がって来ていますし、ウーフコリアでも韓国人の増加に力を入れているところです。

韓国のウーフ 〜発展編〜
韓国のウーフは外国人受けが良いです。
それは何と言っても韓国人のホスピタリティー。
情に厚い。
それから好奇心旺盛でオープンマインド。
とりわけ外国人が来ると放っておきません。
食べものも評判が高いです。
文化的に外から来た人にはたくさんもてなす慣習があり美味しいもの満載です。
もちろんもてなされたらその分一生懸命働いてお返ししましょう。

ウーフに参加する方法
現在50を超える事務局が世界に広がっています。
事務局はそれぞれ独立的に運営されているため、例えば日本でウーフする場合はウーフジャパンに、韓国でウーフする場合はウーフコリアに登録する必要があります。登録期間は1年間で、登録期間中は自由に受け入れ先となるホストに連絡し滞在が可能か問い合わせることができます。もちろん、1年過ぎても再度登録すればずっとウーフのメンバーでいられます。

ウーフコリアに登録して韓国でウーフする!
(日本語ウーザーの方には使いづらいHPで恐縮です。
そう遠くないうちにもっと分かりやすいHPを作る予定…です。
質問があれば日本人スタッフが対応します。)

Advertisements