スローフードって?

スローフードは、社会構造のファスト化、ファストフードの席巻、地域の郷土料理の消滅、人々の食品に対する興味の減退を危惧し、食べ物がどこから来て、どういう味で、私たちの食べ物の選択がどのように世界に影響を与えるのかについて、より多くの人々が気づき、食を通じて自分たちの幸せな未来を共に築いていくことを目的に、1989年に設立されました。

私たちが食べる食べ物は、環境によくて、おいしくなければいけないと私たちは考えます。 そして、環境を破壊しない、動物たちの生命を脅かさない、人間の健康を傷つけない安全な方法で作られるべきだと考えます。 また、食品生産者は、彼らの労働に対して、公正で適正な報酬を受け取るべきだと考えます。

スローフード運動は、食品生産と消費の関係を知ることから始まります。食品生産は、私たちの運動の基盤となる部分です。私たちは、単なる消費者ではなく共生産者であって、食卓がただ漠然と空腹を満たすだけの場ではないことを知っています。私たちは、食べ物を生産する人々のことについて、彼らがどのように生産し、どのように私たちのもとに届け、そのためにどんな工夫や努力をしているのかを探ります。私たちは、品質にこだわる生産者を応援します。

スローフードジャパンHPより)

Advertisements